子供をアトピーから守るには体質改善

子供をアトピーから守るには体質改善

子供をアトピー、アレルギーから守ってあげるには、水道水は良くないのか?アトピー、アレルギーから来る痒みをこらえることができずに苦しんでいるお子さんを見ていて辛くなるお母さんも多いはずです。そんなお母さんとお子さんのためにアトピー、アレルギーから解放されるためには、水道水を控えることで体質改善することが必要です。

子供をアトピーから守るには体質改善

子供をアトピーから守るには体質改善することでできます

子供をアトピーから守りたい

アトピーによる痒みに耐えきれず泣き叫ぶ我が子。

どうしてあげることもできずに

「可哀相に・・・
でも、痒くても我慢して・・・
そんなにかいちゃダメだよ」

そんな言葉をかけるしかできないお母さん。

ようやくアトピーの症状もおさまってきたと思い、お医者さんからのお薬を止めた途端に症状が出てくるということがよくあります。

そして、その繰り返しに、

「どうすればいいの!?」

と悩んでしまっているのではないでしょうか。

実は、アトピーの危険因子の一つは、水道水に含まれている酸化アレルゲンと呼ばれる塩素なのです。

現在、アトピーの子供さんが非常に多いと言う現実があります。

そんなアトピーの原因として一般的に知られているのが、

・牛乳
・卵
・人工ミルク
・ハウスダスト
・ダニ

などです。

あなたも耳にしたことがあるのではないでしょうか。

事実、これらのアレルゲンのことを耳にして知り、

・妊娠中は牛乳・卵を控えたい
・赤ちゃんに人工ミルクを飲ませたくない

というように、アトピーに対してどのように対策をとろうかと悩んでいる妊婦さんやお母さんが多いのです。

でも、人口ミルクを作るための水道水を使いたくなくて、アトピー対策の為に赤ちゃんに人工ミルクを飲ませないで自分の母乳だけで育てようとするのは、危険が伴います。

それは、赤ちゃんが低栄養や脱水症になってしまうことがあるからなのです。

アトピーがこわいからと言って、アトピーの危険因子の一つである水道水に含まれている酸化アレルゲンと呼ばれる塩素を避けて、赤ちゃんを低栄養や脱水症にしてしまっては、別の危険を被ることになってしまいます。

確かに、アトピーは、現代医療では、まだ根本的な治療方法がハッキリしていないと言われています。

そのため、病院の治療と言っても、表面的な表面的な処置しかできないと言われているのです。

そう聞くと、

「え!?
 じゃあ、うちの子のアトピーは、 もう治らないの!?」

と落胆にくれるのではないでしょうか?

でも、安心してください。

実は、アトピーは、原因を見極め、対策をすることで改善できると言われています。

アトピーの原因を見極め、体質改善することで、お子さんをアトピーから守りましょう!

>>アトピーの改善には水道水を飲まないようにする


FX機能の一覧